FC2ブログ

プロフィール

そらお

Author:そらお
インドから無事帰国。人生終盤に向けて楽しむだけ楽しむ。でも体が付いてこない、頭が呆けてくる、、、ので備忘録的に時間が空いたところで記していきます。
このところ、サイクリング・登山・そしてあちこちへと参上!


最新記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:2017 Tour de Europe
2017年初夏、いよいよデュッセルドルフを離れます。
この旅では荷物の軽量化が最大懸案だったので、地図を持ってきていません。そのために、Simフリースマホを持ち、GOOGLE MAPを頼りに行動するつもりです。
とはいえ、わかりにくそうなフランスの一部は、ネット地図をコピーして持ち歩くことにしています。

早速、デュッセルドルフからどのように走れば良いのか判らず、とりあえずライン川沿いに南下。店が全くなくなったのでガソリンスタンドに入り、食料を調達。幸いイートインになっていたので休憩ついでに遅めの昼食。
2017_Tour de europe21 
約€7
サラミサンドはまぁまぁいける

2017_Tour de europe23 
ライン川を渡り

2017_Tour de europe24 
こんな側道が付いていて快適

2017_Tour de europe22 
道路標識は自転車専用のサインが出てくる

2017_Tour de europe25 
しかし、街の名前だけなので、どの街に向かえば良いのか判らない
Kolnと出れば良いのだが、近くの街などが指示されていることが多くて道に迷い続ける。

GOOGLE MAPでは見晴らしが悪く、スケールをあげると小さな街は消えてしまうため、なかなかうまく道を探せない。

予定では、ライン川沿いにずっと走るはずだったけど、ライン川が蛇行しているため、なかなか思うように行かないことを実感。

6月初旬にしては気温が高く、あっという間にヘロヘロ

2017_Tour de europe26 
気がつくとケルンかは大きく離れ

2017_Tour de europe27 
こんな街中を通り過ぎ

2017_Tour de europe28 
更に油断していると自動車専用道路に入り込んで必死に!!!!

結局、20㎞くらい道草を食ったろうか??

初日から、一体どうなるんだろうという不安でいっぱいになりながら、一方では疲労と暑さでぼーっとしながらのすたーととなり、先行き更に不安に。

2017_Tour de europe29 
途中、舗装路がグラベルになって、とうとう運転に支障が出始まる。
デュッセルドルフでのスタート時に自転車のどこかが緩んでいるんじゃ無いかと言うほどふらつきが発生し、とてもまっすぐ走るのが難しく、故障・輸送時の破損を疑っていました。
また、フロントブレーキの鳴きが激しく、出発前に交換したディスクパットに問題があるのかとこれも大きな不安に。聞いたことがないようなギーーーーーーーーーという鳴き!
そして、このグラベルロードになったら、もはやまっすぐ走るのがほとんど無理に。
それでも、何とか押さえつけながら進み、

2017_Tour de europe31 
何とかケルンのシティセンターに到着

2017_Tour de europe30 
本当は有名なケルン大聖堂を見に行くつもりだったのですが、既に5時過ぎ
そして、今日の色々なトラブルで疲労感が濃く、更に自転車を駐輪する場所がこういう場所ではとてもここに自転車を置いて見に行く気も起こらず、すでにげっそり↓

一応ここでケルンのチェックポイントを通過したことにして、キャンプ場に行きます。
当然(キッパリ)予約などしていないので、GOOGLEくんで検索。
ライン川の対岸を少し行けばあることが判り、やっとホッとする。

しかし、
2017_Tour de europe32 
一転、にわかに天がかき曇り、あっという間に土砂降り
橋を見つけたので、橋脚下に逃げ込むと、多くのドイツ人も集まって、雨宿り。

結局、一時間あまりを橋の下でやり過ごし、対岸に渡る道を探すと、
2017_Tour de europe33 
階段にあるレールに自転車の車輪を走らせ、押しながら登る。
ここで、自転車のバランスの悪さが更に顕著に。

リヤに重量がより、細いタイヤのためグリップせず、サイドバッグが手すりにぶつかりまともに登るも降りるもできない。

残り少ない力をここで使ってしまった↓↓↓

2017_Tour de europe34 
雨は完全に上がりきらず、体も冷えて、空腹脱水の何重パンチだ?!

2017_Tour de europe37 
どうやらこうやらで、キャンプ場到着 €16 ちょっと高いかな
ドイツのキャンプ場なんて初体験だから全てがドキドキ。。。
中央の奥の方にある青いテントが自分のもの

2017_Tour de europe38 
こちら、キッチンとシャワーのあるサニテール棟

2017_Tour de europe35 
共同キッチン
ガスレンジ、洗い場は料金込み
ただし、ライターがないと点火できない

2階にあるシャワーは50セント(有料のキャンプ場は数少なかった)

2017_Tour de europe36 
途中、買いものもしなかったので、早速予備の食料を取り出し今夜の夕食。

貴重なカレーライスを初日に消費!かなしーっ

走り出し初日にあまりにも多くのトラブルが発生し、本当に先行きが不安。
しかし体は正直で、キャンプ場に7時過ぎに着いたにもかかわらず、9時過ぎには熟睡。

いよいよリアルRPGがはじまりはじまり~

つづく 走行距離 67㎞

スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行 - ジャンル : 旅行

tag : フランス ユーロベロ eurovelo ヨーロッパ旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 そらおくんのぶらぶら日和 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。