プロフィール

そらお

Author:そらお
インドから無事帰国。人生終盤に向けて楽しむだけ楽しむ。でも体が付いてこない、頭が呆けてくる、、、ので備忘録的に時間が空いたところで記していきます。
このところ、サイクリング・登山・そしてあちこちへと参上!


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:自転車と車中泊の旅
MTBのデュしくブレーキ鳴きが酷いのとレバー感がふわふわして怪しくなってきているので、メンテをすることに。


ブレーキオイルを入れるためのカップを購入
2017May_MTBbrake_01.jpg
以前、これ無しでオイル交換したことがありますが、どうしてもエア噛みが残るので、今回は買っちゃいました。





2017May_MTBbrake_02.jpg
中身はこの3点
カップをオイルのリザーバーに取り付けるだけで、はるかにやりやすくなりました



2017May_MTBbrake_03.jpg
オイル受けは熱帯魚用のシリコンチューブがあったので少し切ってペットボトルで抜けたオイルを受けるようにしました
自転車用のディスクブレーキは、レバーを握らず、ブリードナットを緩めるだけでオイルが抜けてきます
これできれいなオイルが出てくるようになればおしまい!



2017May_MTBbrake_04.jpg
次にディスクパッドを交換
一応純正品
低速であまりに大きなブレーキ泣きを起こすので、大して減っていないのですが交換
右の小さな袋はクルマで使うパッドグリスが入ってます


2017May_MTBbrake_05.jpg
左が新品
右の黒いのがそれまで使っていたパッド
どちらも同じしようなのにこれほどにも色が変わるとは驚き



2017May_MTBbrake_06.jpg
スクレーパーを使って接触部にパッドグリスを塗っておきます
クルマの場合、パッドグリスはブレーキ鳴きと伝熱のために塗布されていて、同様の効果を期待してます



2017May_MTBbrake_07.jpg
パッドの脱着は簡単で、割ピンで保持されているだけです
長年の経験で割りピン作業はニッパーが最適なので写真に撮っておきました
握る、てこの作用で握って引き抜く、割の片側を握って曲げる、という作業がひとつの工具で簡単にできるのです

よくラジペンやプライヤーで作業する人がいますが、こちらの方が作業しやすいし力もいりません


後記:
ブレーキ鳴きの改善はされた物のイマイチ
停止寸前で盛大にキイィィィィーーーー!!と鳴きます
しばらくなじむまで使ってみて、ダメだったらメタルパッドにするか、加えてディスクローター交換するか判断

レバーの感触はしっかりとしたのでGood!!引き代もOK
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 そらおくんのぶらぶら日和 all rights reserved.Powered by FC2ブログ