プロフィール

そらお

Author:そらお
インドから無事帰国。人生終盤に向けて楽しむだけ楽しむ。でも体が付いてこない、頭が呆けてくる、、、ので備忘録的に時間が空いたところで記していきます。
このところ、サイクリング・登山・そしてあちこちへと参上!


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日光ハイク2016
日光戦場ヶ原にある赤沼駐車場からスタートします。

2016Aug_Odashirosenjogahara_01.jpg
いつもは小田代ヶ原方面に向かうので川を渡りますが、川に沿って下っていきます。

下界の暑さがウソのように涼しい。




2016Aug_Odashirosenjogahara_02.jpg
この水量で龍頭の瀧が満腹になるのか?と思ってしまうほどですが、下流に向かって行くに従い、だんだんと水量が増えてきます。



2016Aug_Odashirosenjogahara_04.jpg



2016Aug_Odashirosenjogahara_03.jpg
ちょっと渦を巻くほどになってきました。



2016Aug_Odashirosenjogahara_05.jpg
小さな瀧が出来始まって、龍頭が近いことを想像させています。



2016Aug_Odashirosenjogahara_06.jpg
で、龍頭の瀧到着。

あえて龍頭の滝の撮影は無し。

目的地はまだまだこれから!!
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:日光ハイク2016
龍頭の瀧を起点に高山への登山道があるというのでレッツトライ!

2016Aug_Odashirosenjogahara_07.jpg




2016Aug_Odashirosenjogahara_08.jpg
龍頭の瀧上の橋を渡ったところが入り口になっています。
何度も来ているのに知らなかった



2016Aug_Odashirosenjogahara_09.jpg
しばらく歩くと本格的に坂になってきて



2016Aug_Odashirosenjogahara_10.jpg
まぁ、それでもこんな整備された道なので不案内でも心配すること無く進んでいきます。



2016Aug_Odashirosenjogahara_11.jpg
こんな状態が続いて



2016Aug_Odashirosenjogahara_12.jpg
突然道を塞ぐ枯れ木

これをくぐって難なくクリア



2016Aug_Odashirosenjogahara_13.jpg
と思っていたら道が薄くなってきて。。。




2016Aug_Odashirosenjogahara_14.jpg
あれれ?
完全に道をロスト!!

進むか戻るか迷い、少し進んでは道が無いか確認。

でも、木に結んである赤いひもが頼りで転びながら、もう泣きそう



と、いつの間にか山頂へ
2016Aug_Odashirosenjogahara_15.jpg
だいぶ前に追い越した親子がのんびりと休憩していたので、完全に違うところを登ってきたんですね。
山深いところだったら遭難でしょう



2016Aug_Odashirosenjogahara_16.jpg
今度は道をロストしないようにしっかりとカンバンを確認して




2016Aug_Odashirosenjogahara_17.jpg
案外こういう広い場所でも迷う可能性有り
赤い目印をひたすら探す



2016Aug_Odashirosenjogahara_18.jpg
ここでは赤い杭が目印と理解してはいるものの、雑草に埋まっていたりするとロストの恐れ有り



2016Aug_Odashirosenjogahara_19.jpg
上を見たり下を見たり、気を遣いながら下っていきます。



2016Aug_Odashirosenjogahara_20.jpg
分岐点のカンバン発見
何よりも安心感倍増!




2016Aug_Odashirosenjogahara_21.jpg
だんだんと道がはっきりしてきてひたすら歩くのみ




2016Aug_Odashirosenjogahara_22.jpg
やっとバスの走る道路に達しました。

これから、小田代ヶ原方面に向かいます。

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:日光ハイク2016
さて、バス道に出て少し歩くと小田代ヶ原が見渡せるようになってきます。

2016Aug_Odashirosenjogahara_23.jpg
ちょっと雲が出てきたけれど、ほどよい涼しさ。
それでも歩いているので汗はかいてますが。。。




2016Aug_Odashirosenjogahara_24.jpg
お決まりの光景。





2016Aug_Odashirosenjogahara_25.jpg
人なつっこいトンボ。
お昼ご飯をしている間中、ヒザにとまってました。




2016Aug_Odashirosenjogahara_26.jpg
やはりカンバンを撮っておかねば、と言うことで。




2016Aug_Odashirosenjogahara_27.jpg
新しくなった木道も気持ちよく。。



2016Aug_Odashirosenjogahara_28.jpg
やはり観光客は多いですね。
ちょうど居なくなったスキにパチリ。




2016Aug_Odashirosenjogahara_29.jpg
・・・




2016Aug_Odashirosenjogahara_30.jpg
男体山の威容。
いつか登ろうと思ってます。

で、赤沼へ戻ります。

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:日光ハイク2016
日光湯元に来ました。

湯の湖
2016Aug_nikkoyumoto_01.jpg
釣り人も多いですが、暑いので水に入っている人も居ます。




2016Aug_nikkoyumoto_02.jpg
こちらは湯元の湯元たる場所。
一帯が源泉になっていて、硫黄のニオイがプンプン。
当然危険地帯も有るので、風の流れにも気をつけて歩きます。




2016Aug_nikkoyumoto_03.jpg
ホントに豊富な湯量であるとうかがい知れますね。




2016Aug_nikkoyumoto_04.jpg
こちらは源泉近くの足湯。
熱くて入れない!!!

でナントカかき混ぜながらやっと入れました。




2016Aug_nikkoyumoto_05.jpg

テーマ : 温泉旅行・温泉宿 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:日光ハイク2016
まずは温泉寺によって、今日一日の無事をお祈り
決して温泉に入るためではありません。入りたかったけど。。。

2016Aug_Karikomiko_01.jpg




源泉地帯を抜けて金精峠方向へ登ると道路に。
2016Aug_Karikomiko_02.jpg
あの森の中に入っていくのかとちょっと怖じけていると、次々と人が入っていきます。




2016Aug_Karikomiko_03.jpg
小一時間登ると休憩ポイントに
子供たちが大勢居るじゃ無いですか。

怖じけていた自分が恥ずかしい。




2016Aug_Karikomiko_04.jpg




2016Aug_Karikomiko_05.jpg
道になっているので、高山で道をロスとしたようなことにならなそうですね。




2016Aug_Karikomiko_06.jpg
前後に人が居なくなるとちょっとびびる



2016Aug_Karikomiko_07.jpg




こんな山道に木の階段が
2016Aug_Karikomiko_08.jpg




整備されているのでだんだん安心感が増してくる
2016Aug_Karikomiko_09.jpg




刈込湖到着!
2016Aug_Karikomiko_10.jpg





2016Aug_Karikomiko_11.jpg




2016Aug_Karikomiko_12.jpg
空模様で色の変化が

カナダのレイクルイーズを一瞬思い出しました。
雪の時期に来てみたい。




2016Aug_Karikomiko_13.jpg
切込湖は湖畔に降りずにスルーしながら歩き通していきます。



2016Aug_Karikomiko_14.jpg
二つの湖は谷をせき止めた溶岩が原因なのでしょうね。
小さな峠を抜けて行くと



大きく開けてきた。
2016Aug_Karikomiko_15.jpg





2016Aug_Karikomiko_16.jpg
今度はスイスアルプスを思わせる景色に




2016Aug_Karikomiko_17.jpg
今度はきつい峠



1時間弱で山王峠に出ました。
2016Aug_Karikomiko_18.jpg
だいぶ以前、自転車で登って来た記憶が蘇り、
今回歩いて登って来た景色との違いに。。




2016Aug_Karikomiko_19.jpg
今度はきつい下り。
光徳牧場を目指して




2016Aug_Karikomiko_20.jpg
ヒザの悪い人間にはツライツライ




2016Aug_Karikomiko_21.jpg




2016Aug_Karikomiko_22.jpg




2016Aug_Karikomiko_23.jpg
まもなく光徳牧場


更に下って、戦場ヶ原バス停まで来てしまいました。
2016Aug_Karikomiko_24.jpg
パスモが使えて便利だね。

湯元に戻ってクルマをピックアップしたら帰宅です。


どんなコースかとどきどきしながらスタートしましたが、よく整備された良いコースでした。

今度は紅葉時期に是非来たいと本気で思っています。

持病の膝痛が回復することを祈るばかり。

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用


copyright © 2017 そらおくんのぶらぶら日和 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。