プロフィール

そらお

Author:そらお
インドから無事帰国。人生終盤に向けて楽しむだけ楽しむ。でも体が付いてこない、頭が呆けてくる、、、ので備忘録的に時間が空いたところで記していきます。
このところ、サイクリング・登山・そしてあちこちへと参上!


最新記事


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:松島 仙台
今回も1000円高速を使って、松島へ

8月14日
東北道下りは順調に走行、事前の予測よりぜんぜん空いている
5月に近畿方面へ行ったときとは大違い(あのときはひどかった)
しかし、山が多いので登り勾配になると一気にクルマが詰まってくるが渋滞になるほどではない
速度が一気に落ちるが、この減速が渋滞の原因になっていくことが実感できる

松島へは東北道から三陸道へ抜けるのが常道だと思うが、あえて東北道を北上して大和(たいわ)から行くことにする
想像通り、松島近辺は大渋滞で動かない
大和からの道も、松島の手前3㎞くらいから渋滞
仙台方向から来たら、もっとひどい渋滞のようだ
(と、地元のFMで言っている)

観光周遊船に乗ろうと思ってきたが、子供たちが嫌がって乗らない
割引券を、途中の道の駅で手に入れたのに、無駄になってしまった
観光船に乗るなら、是非手に入れておくべきだ(一割引)

仕方なく?福浦島へ行くことにする
福浦橋 福浦橋
渡橋料は大人200円 船に比べれば安いか
福浦島から 福浦島から

だるまおみくじ 
おみくじが小さなだるまに入っている
弁財天
根から新芽 かもめ
島には色々な植物があり、興味深い
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:松島 仙台
さて、本土側へ戻って五大堂へ行く

五大堂へ渡るには小さな架け橋を渡る
もちろん無料

その名も”透かし橋”

橋がはしご状になっていて、下が透けて見えるから透かし橋という
透かし橋 透かし橋

渡った向こうが五大堂のある小島

五大堂 五大堂

お堂の周りは狭く、18mmレンズでも収まらない
彫り物は各面に干支が彫られており、風雨に曝されているものの、手が込んでいる

そろそろ疲れてきたので、帰途につく

仙台方面は相変わらず渋滞しているとの情報なので、来たときと同じく大和から東北道に乗ることにする

往路と違い、帰路は渋滞にはまる

お決まりの福島トンネル手前30㎞位からが第一弾だが、クルマが詰まったときでも70キロ位は保つことが出来、順調だった

問題は矢板先頭に40キロの渋滞
こちらは本当に動かなくなる
原因は矢板手前のカーブが続く上り坂で減速をするためなことはわかっている
サンデードライバーやまじめぶったドライバーが大体渋滞の原因
(友人を参考に言っているつもり)
埼玉や東京まで帰るのでなければ、黒磯板室PAで降りて一般道の方が遙かに早い
PAのETCゲートで降りたら県道30号へ、矢板市で県道242号へ、大宮町の手前で県道63号へ抜け宇都宮方面へ向かう
ほとんどクルマは居ないので、結構良いペースで走行できる
宇都宮環状線に突き当たったら環状線に乗ってしまえば、このまま新4号線になる

ちなみに、今回のフィットの燃費は
17.9㎞/lエアコン付けっぱなし、4人乗りでこの燃費はハイブリッドに遜色ない?
夜の新4号は80キロくらいで走っているとトラックに殺されそうになる位早い

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2017 そらおくんのぶらぶら日和 all rights reserved.Powered by FC2ブログ